トップに
戻る

コト

NextCommonsLab遠野 BrewingTonoチーム
(岩手県遠野市)

ふるさと名品の概要

関係者:遠野市、市民・市内事業者、NextCommonsLab遠野、遠野醸造
~ビールの里・遠野に住む 誰もが主役のまちづくり~
ホップ生産者が減少する遠野市において、「ホップの里からビールの里へ」を共通のビジョンとして新しいまちづくりに挑戦。
実現にむけての参加型プラットフォームを立ち上げ、行政・市民・民間企業・移住者などの関係者が協働し、ビジョンの具現化に取り組んでいる。
クラフトビールの原料としての国産ホップの領域を超えて、大事な地域資源としてオンリーワンの価値とコンテンツ創りを実践している。

PRポイント

シンプル(ビジョン):日本一最高の乾杯が味わえるまち「ビールの里」
ミスマッチ:夢を持った地域リーダー×移住してきた社会起業家4名(地域おこし協力隊)が連携
アクション:誰もがビール造りに参加できるコミュニティーブルワリー「遠野醸造」を開業する2名の醸造家

◆共通のビジョンによる一体化
・行政、市民、民間企業が文字通り一体となって、まちのビジョンに立場を超えてコミットし、実現に向けて動いている。
また、推進力となる新規移住者を獲得し、新しい風を吹き込みながら協働している。

◆自由な発想で企画し、巻き込んでいく
・東北電力と連携し、ホップの苗を市民に配って、まち中をホップのグリーンカーテンにしていく、ホップ畑でお花見やBBQを楽しむビアツーリズム、
伝統芸能とビールをコラボする、など自由な発想で楽しみながら取り組んでいる。この遠野でしか体験できないことが、住民だけでなく市外の参加者も
呼び込み、地元の人々と交流することでファンが増えている。

◆スピードと期待できる今後の展開
・プラットフォーム立ち上げから1年半、ビジョンに引き寄せられた移住者が醸造所の立ち上げを開始。醸造所開設のキックオフイベントには120名もの方が参加。
また、クラウドファンディングは開始1週間で160人から380万を超える支援を集め、今まで広げてきたコミュニティの力強さを感じる。
今年春には、新たな拠点となる醸造所が開設され、動きはさらに加速していく。

該当部門に戻る

審査員コメント

  • 和田 明日香氏
    食育インストラクター

    楽しい思い出は、すべてビールとともにあると言っても過言ではないぐらい、私はビールが大好きです。味はもちろんなのですが、「ビール飲むか!」という時の解放感や、そこに集う人たちが良い顔してる、そんな気分や光景が大好きです。原料であるホップの収穫を祝い、ビールのふるさとで乾杯できるなんて、遠野だからこそ経験できる“コト”。ここから発信される新しいビールの楽しみ方は、わたしだけでなく、きっとたくさんの人を幸せにしてくれるはずです。
  • 古田 秘馬
    「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」実行委員長

    地域のプレーヤーと企業と行政が組むというのは理想ではうたうものの実際にこのように形になるのは本当に各セクターの担当者の尽力の賜物だと思います。キリンさんと遠野市さんで長年地域で作り上げたホップ生産という一次産業の土台に、あたらしいビアカルチャーという体験を持ってくることで従来の6次産業的な発想ではなく新しい価値を生み出しているといえるのではないでしょか?
 
総合評価
26.5点/30点
評価項目
狙い(10点) わかりやすさ、アイデアの新しさ
内容(10点) 誰もが欲しい(会いたい)と思うか、写真映え、ストーリー性
効果(10点) 人と共有したくなるか、将来性、地方創生への貢献度

授賞式の様子