トップに
戻る

モノ

髙田耕造商店 紀州産 からだ用棕櫚たわし 檜柄
(和歌山県海南市)

ふるさと名品の概要

販売会社:株式会社コーゾー 和歌山県海南市
販売価格:5,940円(長め) 5,616円(短め)
※2010年から棕櫚山再生プロジェクトがスタート、商品開発

PRポイント

現在、たわしといえばパームヤシの硬い繊維や化学繊維で作られた大量生産のものがほとんどですが、山の管理から製造まで全て地元で行なう紀州産の棕櫚(シュロ)を使ったたわしは、とりわけ繊維が繊細でしなやかです。
貴重な棕櫚皮をふんだんに使い、細部まで職人がこだわり抜いた最高級ボディブラシの”やさしさ”を毎日のご入浴でお楽しみください。
【平成28年度プレミア和歌山推奨品審査委員特別賞を受賞】
「たわし」は硬いというイメージがありますが、棕櫚を使ったたわしは、これまでのイメージを覆す「やさしい」製品です。素材を傷つけず、野菜も表皮を傷つけず泥だけを落とし、体を洗うこともできます。
海南市は日用家庭用品製造業が盛んですが、もともとは、古くから栽培されていた棕櫚を原材料としたたわしや箒、縄などの加工がルーツ。しかし、戦後、棕櫚は安価なパームヤシや化学繊維に取って代わられました。 髙田耕造商店では、希少となった国産の棕櫚を使用したたわしを復活させるために、まず棕櫚山の再生から始めました。棕櫚は、常に手入れをしないとたわしに使う繊維が採取できなくなるからです。農家の協力を得て、伝統的な技術を知る職人を集め、5年がかりで棕櫚のたわしを復活することができました。そして、棕櫚のたわしを代表する商品のひとつとして、「からだ用棕櫚たわし」を商品化しました。
安心安全で耐久性のある商品をひとつひとつ手作りで製造しています。持ち手は木工職人の手で東濃桧(とうのうひのき)を一本ずつ削りだし、さらに焼き加工を施すことにより防水効果を高めています。
「国産の棕櫚たわし」を作り続けることにより、和歌山県の伝統産業と棕櫚山を守ることができます。髙田耕造商店は、これが紀州で生まれた職人の使命だと考えています。

該当部門に戻る

審査員コメント

  • 富永 美樹氏
    (フリーアナウンサー)

    棕櫚のたわし、まず触った感じがとても気持ちいいです。職人さんが表彰式でお召しになった蝶ネクタイも素敵ですね。驚きました。一番素晴らしいと思ったのは、棕櫚の山を再生するところから始められたところですね。地元の木って地元の財産だと思います。それを守るところからスタートした、その取り組みも、まず何よりも素晴らしいと感じました。今後にも期待したいと思います。
  • 古田 秘馬
    「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」実行委員長

    新しいものや文化をかっこよくデザインする以上に、みんなに愛され当たり前のように人々の認識になっているモノを新たにデザインしていくことはかなりのデザイン力、コンセプト、そして人々に受け入れられる企業の姿勢が試されるのはないでしょうか?今回の高田耕造商店さんのモノづくりとの真摯な向き合いと丁寧な手仕事がこの商品を生み出していると思います。これが完成ではなく高田さんが次に何をデザインするのかを楽しみに期待させてしまうデザインであることが素晴らしいと思います。
 
総合評価
24.5点/30点
評価項目
狙い(10点) わかりやすさ、アイデアの新しさ
内容(10点) 誰もが欲しい(会いたい)と思うか、写真映え、ストーリー性
効果(10点) 人と共有したくなるか、将来性、地方創生への貢献度

授賞式の様子